LINE UP
  • KIMBER SELECT Loudspeaker Cables
  • KIMBER SELECT Digital Cables
  • KIMBER SELECT Interconnect Cables XLR Balanced type
  • KIMBER SELECT Interconnect Cables RCA Unbalanced type
  • Interconnect Cables
  • Loudspeaker Cables
  • axios

4PR

スピーカーケーブル
4PR

主な特長

● KIMBER KABLEで最初の製品であり、同社創業のきっかけとなったモデルです。1979年の発売当時とは、その被覆、導体ともに、幾度となくブラッシュアップされてきましたが、モデル名は一貫して変更せず、創業から約40年を経た現在でも、KIMBER KABLEの主要定番モデルとなっています。

● プラス線4本+マイナス線4本の8Wire へリックス・ブレイド構造。 

モデル名の4PRは4Pairを意味します。

● 導体には高純度銅OFCストランドを採用

『へリックス・ブレイド構造』

へリックス・ブレイド構造(螺旋・編込み=正しくはCounter Oppsed Helix)とは、KIMBER KABLE創業当時の4PRから脈々と続くKIMBERの基幹技術です。インストール用であるKWIKを除くすべてのスピーカーケーブルに採用されているKIMBERのトレードマーク的な構造です。

このメイポールのような複雑な美しさをもつ外観は、4ペア以上のペア導体を、±反対方向に撚り合わせ、ケーブル自体を複雑な螺旋状の編込みのような構造としたもので、すべてのKIMBER KABLEを象徴する外観的な特徴になっています。

このへリックス・ブレイド構造により、KIMBER KABLEのスピーカーケーブルは、外部干渉からのRFノイズをキャンセルし、またケーブルそのものがノイズを輻射することを防止します。また、シールド線を持たないため、伸びやかで開放感のある自然なサウンドが実現されます。※一般的なツイストペア・ケーブルでもシールド線なしに、RFノイズを低減させることが可能です。しかし、ツイストペアがどちらの導体も同方向に撚り合わせているのに対し、へリックス・ブレイド構造の場合、±のペア導体を4組以上で反対方向に撚り合わせていますので、その場合、RFノイズのキャンセルだけでなく、ケーブルの直列インダクタンスを大幅に低減=伝送特性を向上させるという大きなメリット=高音質化が加わるのです。

KIMBER KABLE

Copyright © 2012 D&M Holdings Inc. All Rights Reserved.