LINE UP
  • fazon
  • SPEKTOR
  • ZENSOR
  • opticon
  • MENUET
  • RUBICON
  • EPICON

ALTECO C1

NEW 

ALTECO C1マルチパーパススピーカー

 

DALI ALTECO C1はDALI初となるアップフィリング効果のあるマルチパーパス(多目的)スピーカーです。

ALTECO C1をお手持ちのサラウンド・システムに加えることで高さ方向の情報を加え、Atmos, DTS-X and Auro-3D 等の最新イマーシブ・サラウンド・フォーマットを楽しんだり、従来型のオンウォール・スピーカーとしても活用が可能です。ご家庭や店舗でのサラウンド・システム、オーディオ・システムの構築にこれまでにない、利便性とフレキシビリティをご提供いたします。

キャビネットカラーは、B(ブラックアッシュ)、MH(ウォールナット)からお選びいただけます。2本1組での販売となります。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            

 

主な仕様

周波数特性(+/-3 dB):74Hz~26.0kHz

入力感度(2.83V@1m):83.0B

インピーダンス:6Ω

推奨アンプ出力:25W~100W

ミッドレンジ/ウーハーユニット:115mm ウッドファイバー・コーン

ツィーターユニット:21mm ソフトドーム×1

1本あたりの外形寸法(H×W×D):190mm×160mm×255mm

1本あたりの質量:2.8kg

付属品:サランネット、ラバーパッド2種、取扱説明書

7種の設置使用方法を想定し設計されています。

製品

①フロントスピーカーの上に置いたアップフィリング・スピーカーとして

②壁掛けしてフロント・ハイトスピーカーとして

③横壁面に設置し、7.1chのサラウンド(サイド)スピーカーとして

④後方壁面に設置し、サラウンドバック、リアハイトスピーカーとして

⑤正面壁面に設置し、フロントスピーカーとして

⑥正面壁面に、横向きに設置し、フロント・ワイドスピーとして

⑦デスクトップでのニアフィールド・モニターとして

 

Case①アップフィリング・スピーカーとして

サラウンドシステムの中で、フロアスタンディングのフロントスピーカーまたはサラウンドスピーカーの上に置き、天井に向け音を放射、天井からの反射音を利用してハイト・インフォメーションを再生する「アップフィリング・スピーカー」としてご利用いただけます。(ドルビーアトモス、DTS:X等のデコードが可能なAVレシーバーが必要となります。)

Case②壁掛けでのフロントハイト・スピーカーとして

 

 

前方、壁面に壁掛け設置し、フロントハイトスピーカーとしてご利用いただけます。

背面に2か所のキーホールブラケット(壁掛け金具)を装備しています。

※壁掛けでの設置を行う場合は、安全性を十分に確保した上で設置をお願いいたします。安全性にご不安がある場合は、必ず、専門の施工業者様へ取り付けをご依頼ください。

Case③横壁面に壁掛で設置、7.1chのサラウンド・スピーカーとして

 

 

横、壁面に壁掛け設置し、7.1chシステムのサラウンド・スピーカーとしてご利用いただけます。

背面に2か所のキーホールブラケット(壁掛け金具)を装備しています。

※壁掛けでの設置を行う場合は、安全性を十分に確保した上で設置をお願いいたします。安全性にご不安がある場合は、必ず、専門の施工業者様へ取り付けをご依頼ください。

Case④後方壁面に壁掛で設置、サラウンド・バックまたは、リアハイト・スピーカーとして

 

 

 

後方、壁面に壁掛け設置し、7.1chシステムのサラウンド・スピーカーとして、または、リアハイトスピーカーとしてご利用いただけます。

背面に2か所のキーホールブラケット(壁掛け金具)を装備しています。

※壁掛けでの設置を行う場合は、安全性を十分に確保した上で設置をお願いいたします。安全性にご不安がある場合は、必ず、専門の施工業者様へ取り付けをご依頼ください。

Case⑤前方面に壁掛で設置、通常のフロントスピーカーとして

 

 

前方、壁面に壁掛け設置し、サラウンドシステムのフロント・スピーカーとして、または通常の2chスピーカーとしてスマートにご利用いただけます。

背面に2か所のキーホールブラケット(壁掛け金具)を装備しています。

※壁掛けでの設置を行う場合は、安全性を十分に確保した上で設置をお願いいたします。安全性にご不安がある場合は、必ず、専門の施工業者様へ取り付けをご依頼ください。

Case⑥前方面に横向きに、壁掛で設置、フロントワイドスピーカーとして

 

 

前方、壁面に「横向き」に壁掛け設置し、内振りの2chスピーカーとして、または、サラウンドシステムのフロント・ワイド・スピーカーとしてご利用いただけます。

背面に2か所のキーホールブラケット(壁掛け金具)を装備しています。

※壁掛けでの設置を行う場合は、安全性を十分に確保した上で設置をお願いいたします。安全性にご不安がある場合は、必ず、専門の施工業者様へ取り付けをご依頼ください。

Case⑦デスクトップでのニアフィールド・モニターとして

 

スピーカー端子のある面に大型のラバーパッドを取り付け、デスクトップでのニアフィールド・モニターとしてもご利用できます。

フロントバッフルに、2種類のモードスィッチを装備

製品

フロントバッフルに2種類のモードスイッチを装備しています。

UPポジションでは、通常のスピーカー同様に、フロントバッフル面に対し、垂直に音が放射されます。Case④以外はすべてこのポジションでご使用ください。

DOWNポジションでは、フロントバッフルに対し、25度下向きに音が放射されます。Case④等設置場所からリスニングポイントまでが近接している場合には、こちらのポジションでご使用ください。

壁掛け設置に有利な小型のスピーカー端子を装備

製品

プッシュ式の小型ターミナルを装備、場所を限定せず設置が可能です。

※バナナプラグ、Yラグ等の端子はご使用できません。

ページTOPへ戻る

Copyright © 2012 D&M Holdings Inc. All Rights Reserved.