LINE UP
  • fazon
  • SPEKTOR
  • ZENSOR
  • opticon
  • MENUET
  • RUBICON
  • EPICON

DALI RUBICONシリーズ スベシャルレビュー Part.1

 

『このレビューについて』

  こんにちは。オーディオライターの橋爪徹です。

2014年秋から各方面で記事を書かせていただいております。

突然ですが、質問です。皆さん、オーディオは好きですか?

このページにアクセスされている方は、きっと間違いなく「好き」と答えてくれると思います。では、どのくらい好きでしょうか?最高の趣味ですか?気軽に楽しむライトな嗜みですか?好きの深度は違っても、きっと1人1人の好みのサウンドがあって、それに近い環境を作りたいと思われているのではないでしょうか。

オーディオのサウンドを決定付ける大きな要素のひとつ、それは音の出口である「スピーカー」。自分に合う最高のスピーカーはどれなのか。これは、一生をかけて探し続ける終わりのない旅のようなものだと私は思います。本記事は、既にオーディオを楽しんでいる方に向けて、私が導入したRUBICONシリーズを紹介するために作成しました。

オーディオライターとしてではなく、どちらかというと、一オーディオファンとしてRUBICONを導入した体験をお話しする、そんな記事にしたいと思っています。どうか最後までお付き合いください。

  

『DALI RUBICONシリーズとその名の由来』

  まず、RUBICONシリーズとはDALIの中でどんな位置づけのスピーカーなのでしょうか。ホームページ上では、フラグシップEPICONのひとつ下のモデルとして紹介されています。RUBICONというのは、有名なことわざ「ルビコン川を渡る」のルビコンのことです。ことわざの意味は、「ある重大な決断・行動をすることのたとえ」といわれます。もう後戻りはできないという覚悟のもと、重大な決断や行動を起こすことをいうわけです。

はて…どういうことでしょうか。オーディオとの関連性がよく分かりませんよね。

実はRUBICONという名前の由来は、開発経緯に秘密があるそうです。フラグシップEPICONでDALIが初めてスピーカーユニットを内作したのは、DALIファンの方は既にご存じかもしれません。ユニットの内作というのは、自社で妥協なく作り込める反面、非常にコストが掛かりリスクを伴います。DALIは、RUBICON開発をきっかけに今後の新製品すべてでユニットを内作することを決めたのだそうです。EPICONを発表した次のタイミングであり、それは思い切った挑戦の始まりでした。しかも、DALIならではの「購入しやすい価格帯」を維持しながらの内作を目指しました。まさに「ルビコン川を渡る」思いで開発されたモデルであることからRUBICONと名付けられた、という訳なのです。

ネーミングの由来は社内事情……ちょっと笑ってしまいますが、今となってはなかなか感慨深いエピソードだと思います。なにしろ、現在のラインナップは、エントリーのSPEKTORを除いて全て内作を実現している訳ですから。

 

 『RUBICONのシリーズ ラインナップについて』

 では、RUBICONシリーズのラインナップを見ていきましょう。ブックシェルフのRUBICON2、リボンツイーターを加えてトールボーイ型にしたRUBICON5、RUBICON5のウーハーを2つにしたRUBICON6、ウーハーを3つにしたRUBICON8、センター用のRUBICON VOKAL。壁面設置用のRUBICON LCRの全6機種になります。

※画像は左から、RUBICON2、RUBICON5、RUBICON6、RUBICON8、RUBICON/LCR、下部中央はRUBICON/VOKAL

RUBICONシリーズの各モデルのスペックはこちらをご覧ください。

 

『DALIとの出会い』

 RUBICONシリーズの前世代のモデルは、MENTORでした。日本ではブックシェルフとトールボーイの2機種のラインナップでしたが、かなり長い期間販売されていたので、ご存じの方もいるでしょう。私は、MENTOR2の愛用者でした。そして、その前はTowerを使っていました。そうです、オーディオライターになる前から、私はDALIのファンだったのです。

遡ること2005年夏。私が社会人になってまだ数年目の頃、DALIとの出会いがありました。当時、ペア3万円弱のトールボーイから買い換えを考えていました。20万円未満でいいのがないか探していたとき、店員さんにTowerを紹介してもらったのがはじまりです。持ち込んだソースはオーケストラとバンドセクションの入ったゲームの主題歌でしたが、弦楽器をそれは美しい音で奏でてくれました。一発でその美音に惚れてしまい導入を決めたのを覚えています。

 

  

そして2013年、今度はMENTOR2に買い替えました。Towerは弦楽には最高の相性を持っていたと今でも思っていますが、当時のDALIらしい個性の強いモデルでした。対してMENTOR2は、解像感を重視し帯域的な癖も抑えた新時代を感じるモデルだったと記憶しています。長年自分のリファレンスとして使い続けることになり、仕事でハイレゾのレビューをするときも信頼できるモデルとして愛用してきました。

  

  

……思わず昔話をしてしまいました。私のDALI遍歴を明かした上で、RUBICONの話に移りたかったのです。実は、白状しますと、オーディオライターになる前、初めてオーディオショップでRUBICONを聞いたときは、まったくピンと来ませんでした。「なんだ、この地味な音の新機種は?DALIはいったい誰をターゲットにこんな音の機種を出したのだ?」と感じたのを覚えています。今思えば、それこそがRUBICONの魅力だったのですが、当時の私の耳は気付けませんでした。

2012年の秋、MENTOR2導入の少し前、私は友人の劇伴作家とハイレゾ音楽制作ユニットを立ち上げました。Beagle Kick(ビーグルキック)といいます。この活動を通じて、スタジオで生の演奏を聞き、プロの機材で音楽はどのように鳴っているのかを学ぶことが出来ました。音楽をひたすら正確に鳴らす環境、それは意外といいんじゃないかと思えてきました。私は音声専門でしたが、2006年から音響エンジニアをやっていた関係で、モニターヘッドフォンは持っていましたし、元々そっちの感性はあったのかもしれません。

そんな感性の変化は、オーディオライター業も相まってますます加速し、後述するRUBICONのサウンドがピッタリ自分の好みに当てはまったという流れです。

 

『RUBICON2を購入』

 そもそも私がRUBICONの導入についてD&Mのサイトに記事を書いている経緯。ちゃんと明かしておいた方がいいでしょう。私は、お仕事でDALIのスピーカーを何度かレビューしたことがあります。その取材の過程でD&Mに訪問しました。記事が公開された後、私はRUBICON2を借りてみたいとお願いしました。お借りしたデモ機を聞いてみたところ、これが本当に素晴らしい音。そのまま導入を決めました。

我が家にお迎えしたのは、RUBICON2のウォールナットです。29mmのソフトドームツイーターに165mmのウーハーユニット。リボンツイーターは省かれています。おかげで筐体をMENTOR2より小さくできて、重量も8kgと2kgも軽くなりました。

 

  

付属品は、マニュアルとゴム足(4つ×2セット)。拭き布はブラックのみの付属となっていますが、なぜかウォールナットにも付いていました。ロットによって違うのかもしれません。マニュアルには、ちゃんと日本語のページがあります。DALIにとって日本のマーケットがいかに重要か分かりますね。

MENTOR2とRUBICON2の設置比較です。高さが9cm小さく、奥行きは1.5cm小さくなっています。

上の画像がMENTOR2  下の画像がRUBICON2

 存在感はだいぶ違いますね。MENTOR2がすごく大きかったので、普通のサイズになったなという感想です。当然のように底面にも背面にもキャビネットの繋ぎ目はありません。表面の質感は優しく各部の作りも丁寧で、惚れ惚れするデザインです。個人的に、ウッドファイバーコーンの色味と質感、アルミプレートの配置のバランスなども好きなのでサランネットは付けずに使いたいところ。リボンツイーターが省かれたことで、変わった点がひとつあります。DALIは広い指向性を売りにしていることから、スピーカーは内振りよりも正面置きを推奨しています。しかし、このRUBICON2はリボンツイーターが無いため、内振りをお勧めしているそうです。

 

  

裏側を見ると、シングル接続のターミナルがあります。MENTOR2がバイワイヤ対応だったことを考えると少し残念です。コストを抑えるためなのでしょう。

  

  

バイワイヤ対応だからといって、いいスピーカーとは限りませんから、音を聴いての判断が重要です。ちなみにトールボーイタイプのRUBICON5/6/8はバイワイヤ対応となります。

周波数特性は50Hz~26.0kHzです。MENTOR2が39Hz~34kHzだったので、上にも下にも狭くなりました。特に私が注目したのは、ローエンドです。ブックシェルフの同サイズのモデルで下が「39Hz(±3dB)」というのは珍しいと思います。だいたい、50台か低くても40Hz台です。これがMENTOR2の魅力でもあり、他の機種に買い替えなかった要因のひとつでした。余計に増強してない中低域も好みでしたから、実際の出音にも納得していたのです。RUBICON2を聞くとローエンドの高さは惜しいなと思いました。しかし、低域の解像感が格段に向上して、淀みなくタイトにしかも素早く収束する傾向が分かって「こっちがいい!」と納得しています。

 

『SMC磁気回路について』

 RUBICONシリーズにはSMCマグネットシステムが採用されています。磁気回路のポールピースにSMCを採用していて、周りはカッパーキャップ(銅)で覆われています。これは電流による歪みや、磁気回路に起因する歪みを大幅に低減する効果があります。上位機種のEPICONは、より電気を通さない素材のアルミキャップになっているそうですが、コスト面からRUBICONは銅を採用したそうです。では、実際歪み率がどう変わるのか、下記がそのグラフです。

        

RUBICONシリーズのウーハー磁気回路の断面図

 

SMCとカッパーキャップの効用を測定した三次高調波歪低減のグラフ

赤線・・・・一般的な鉄製のポールピースとカッパーキャップ無の磁気回路特性

青線・・・・SMCポールピースとカッパーキャップ無の磁気回路特性

黄線・・・・鉄製のポールピースとカッパーキャップ有りの磁気回路特性

緑線・・・・SMポールピースとカッパーキャップ有の磁気回路特性

※特にグラフ中央の1kHz~2kHz付近の3次高調波歪(もっとも耳につく嫌な歪)が大きく低減されていることがわかります。

 

ウーハーにSMCが使われているなら、効果があるのは中低域でしょ?、と思う方が多いと思うのですが、実は一番効くのはグラフをご覧の通り2kHz付近。歪みの減少幅が大きい帯域では1%が0.2%まで減少しているのがお分かり頂けるでしょうか。RUBICONは、ウーハー ⇔ ソフトドームツイーター間とのクロスオーバー周波数を3kHz付近で取っています。つまりウーハーが担う帯域で最もSMCの効果が出ているんですね。数kHz付近は、歪みが大きいと耳障りになったり、音像がぼやけたりしますので、恩恵は大きいと思います。

ソフトドームツイーターは、アルミプレートにマウントされていますが、表面には黒い樹脂が円周上に取り付けられています。これはBMC樹脂だそうです。BMCは寸法精度に優れており複雑な形状でも一体成形できることが特徴。よく見ると細かな溝が切ってあります。平らなアルミプレートよりも、音の乱反射を抑えることができるそうです。

 

 

PART.1はこれにて終了。

続きはPART.2へ こちらをクリック

【筆者 プロフィール】

橋爪徹

オーディオライター。ハイレゾ音楽制作ユニット、Beagle Kickのプロデュース担当。

Webラジオなどの現場で音響エンジニアとして長年音作りに関わってきた経歴を持つ。

聴き手と作り手、その両方の立場からオーディオを見つめ世に発信している。

Beagle Kick 公式WEBサイトはこちら

ページTOPへ戻る

Copyright © 2012 D&M Holdings Inc. All Rights Reserved.